腰痛は医療機関で治療が可能【痛みに負けない身体づくり】

女性

腰の痛みを病院で

病棟

腰痛は、とても痛くて悩みとなります。症状がひどい方になると歩くこともできず、座ることもできないほど痛みがある方もいます。腰痛になる原因は、同じ姿勢を続けるデスクワーク、仕事や家事で立ちっぱなし、重労働、病気などが考えられます。病気になりますと治療が必要です。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などは、痛みが強いので手術、痛み止めの注射、痛み止めの服用などが必要です。慢性的な生活での腰痛は、対策する方が良いでしょう。仕事や家事などの日常の生活での慢性的な腰痛は、合間にストレッチをする、軽くウォーキングをする、体操をするなどして体を動かすことで改善することもあります。また、マッサージや整体で血流を良くすることも良いです。

女性の方は、骨盤の歪みなどが原因となることも多いです。出産や育児で骨盤が歪んだり、無理な体勢が続いて腰痛となることもあります。整体を利用して骨盤矯正をされることも良いですし、ストレッチや運動することで血流が良くなります。また、患部を刺戟することでコリをほぐすことも良いです。痛みが強い時には、痛み止めの服用も良いですが、服用のし過ぎには注意です。痛み止めの服用で麻痺することもありますので、できるだけ対策をとる方が良いです。自分に合った方法で無理なく腰痛改善をしましょう。あまり意識し過ぎますとストレスになります。腰痛の痛みが改善しない時や痛みが強い時には、病院へ行きましょう。決して、無理はしないようにしましょう。