腰痛は医療機関で治療が可能【痛みに負けない身体づくり】

看護師

腰に痛みを感じたら

男性

肩こりと同じ

多くの日本人が感じている腰痛は、主に腰の筋肉の緊張によって発生します。筋肉が緊張する原因は、長時間同じ姿勢でいることです。例えば、仕事や家事などで腰を屈めたまま作業をしていたり、猫背が癖になっていたりすることで腰の筋肉が緊張しやすくなります。筋肉が緊張すると血行不良が起こります。すると、その部分硬くなって柔軟性がなくなり、いわゆるコリを感じる状態になります。なので、腰痛は肩こりと同じ状態だということになります。どちらも同じような原因で発生し、筋肉の状態も同じです。腰痛が起こる原因はこれ以外にもあって、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などによっても起こります。これらの場合、痺れや体制を変えることで症状が強く現れたりといった特徴的な症状が見られます。痛み以外の症状を伴う場合には、病院で検査を受ける必要があります。

主な治療方法

腰痛を改善するためには、いくつか方法があります。姿勢の改善、ストレッチ、マッサージや整体、腰を温める、湿布や塗り薬を使う、骨盤ベルトの着用などです。痛みが強い場合には、消炎鎮痛剤が処方されることもあります。また、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などによる腰痛であれば、それらの疾患を治療することで痛みが改善されます。腰痛改善方法で特におすすめなのは、姿勢の改善とストレッチです。これらは根本原因の解決になるため、再発防止にも繋がります。整体で姿勢の矯正を行うのも良いでしょう。マッサージは一時的に筋肉の血流を良くするだけなので、根本的な解決にはなりません。また、筋肉の緊張という視点から、筋弛緩剤を処方されることがありますが、服用量を間違えたり、長期間服用していると、副作用が現れることがあります。医師の指示に従い、また異常が出た時には、すぐに処方してくれた医療機関に相談すると良いでしょう。

腰の痛みを病院で

病棟

腰痛は、毎日の生活に対してとても辛いです。痛みの改善方法としてストレッチ、運動、体操などしてみましょう。痛みが強い場合には、病気の可能性もありますので病院へ行きましょう。体に合った方法で改善しましょう。

読んでみよう

日本人は腰が痛い

看護師

生活様式の欧米化によって、姿勢の悪い人が増加したために、腰痛に悩む人の数が増加しています。また、テレビ、パソコン、スマートフォンの普及も原因のひとつです。姿勢が悪いと腰の筋肉が疲労したり、腰椎の疾患の原因にもなります。

読んでみよう

正しい対処方法を取る

医者

腰痛の悩みを抱えるようになったら、早めに医療機関を受診することが大切です。若いからといって、すぐに良くなるだろうと安易に判断してしまうと、症状が悪化してしまうことがあります。検査で原因を突き止め、適切な治療を行うことが必要です。

読んでみよう